Project [Rodan]

人間とコンピューターとの関係を、次の世代に昇華する

Project [Rodan] とは

Project [Rodan]は、人間とコンピュータが「対話」により、その世界観も含めた相互理解を目指す、弊社の社内プロジェクトです。
論議に纏わる「論壇」「論談」という日本語と、考えるというコンセプトを表現した芸術「考える人」の作者の名前「ロダン」から命名しました。
このプロジェクトから、新しい「対話」によるコンピューティングプラットフォームのインターフェースを生み出す事を目指しています。

Project [Rodan] が目指すもの

「世界観の理解」で、コンピューティングを次の次元に

現在のAI技術における大きなハードルの一つに、コンピュータと人間のコミュニケーション問題があります。
これは、文章や文脈におけるそれぞれの単語の意味や用例を基軸として知識構成することに注力した結果、その背後にある個々の人々が持つ「世界観」のずれを理解しないまま、教えられ蓄えられた情報のままにコミュニケーションしようとするがゆえに起こる問題です。
これでは相手を理解せず、現存する知識だけを押し付けるコミュニケーションしかできません。
dbEでは、この「世界観」という曖昧で抽象的なものを、コンピューターが理解できる形に変換する手法を構想し、その具体化に取り組んでいます。
これにより、コンピュータと人間の間で真の意味での相互理解を行い、ズレのない自然なコミュニケーションを実現することが可能になります。

Project [Rodan] Phase

Project [Rodan] Phase 1

「情報」を「知識」に変える

今まで「情報」だったものが「知識」に変わります。
これはあなたが勉強すれば、ということではありません。
Project [Rodan] Phase1で生み出された技術は、散らばる文書情報を体系だった知識に構造を変更し、人が理想的な知識の深耕を行うことを可能にします。
これにより、書籍やニュースなどの文書情報を、知識としてすぐに活用できる構造に即座に変換し、最短で必要な知見を得られる探索が可能です。
また、これを対話によって探索する技術と組み合わせることで、より高度な知識を簡単に得られるようになります。
従来のBoW型AI技術では難しかった情報のセグメントも行えます。
Project [Rodan] Phase1 で生み出された技術は、次のステージでより高度な情報探索エンジンに生まれ変わります。

Project [Rodan] Phase 1
Project [Rodan] Phase 2

多くの専門分野で、頼もしいアドバイザーに

Project [Rodan] Phase1 で知識化されたものは、このPhaseで「対話」によってあなたにより有益で解りやすく提供されるようになります。
高度な知識構造は、対話だけでなく様々な検索アルゴリズムによって、必要な形式で多くの場面で活用できます。
Project [Rodan] Phase2 では、主に専門知識を構造化するアルゴリズムで、多くの専門分野のプロフェッショナルな頭脳を写像化し、あなたの頼もしいアドバイザーになる事をお約束します。

Project [Rodan] Phase 2
Project [Rodan] Phase 3

人間とコンピュータの「相互理解」を

Project [Rodan] Phase2 までのステップで、「言葉」という情報から体系だった知識を構築し、その知識をフレキシブルな探索ロジックでユーザに解りやすく提供する事を可能にしていきました。
しかし、本当の意味で、ユーザの目的を達成するためには、その場の対話によってのみ得られるものではなく、もっと広いユーザ毎の「世界観」を理解して、初めて本当の解決策を求められるようになります。
Project [Rodan] Phase3 では、Phase2 までの構造に、弊社独自の「世界観の理解」のための革新的でユニークな技術を導入する事で、専門世界での活用という限定的な世界ではなく、より汎化した世界で、相手の「世界観」を対話によって理解し、限られた会話からでもその背後にある世界観からユーザの志向を理解し、高度な目的を達成することができる、真の対話インターフェースを目指します。

Project [Rodan] のマーケット

Project[Rodan]の目指すマーケットは、現在のAIが苦手とする「情報のカテゴライズ」や「ユーザの世界観理解」を得意分野として設計しています。
様々な専門文書の文中の情報をサマライズして、ユーザ任意のカテゴリに分割して検索しやすくしたり、そのデータをトピックやサマリをベースとして構造化し、探索できるようにするなど、対話のベースとなる情報を柔軟に活用できる構造に変換するロジックと、ユーザの世界観を理解し、少ない情報でも、そのユーザの意図した世界観に沿った対話を実現するロジックを駆使し、コンピューターの次世代のユーザインターフェースの具現化を最終目標としています。
またその過程において、自然文情報のカテゴライズなどの分野ですでに利用の打診が多く、カテゴライズエンジンとして今後フレームワーク製品として提供する予定です。

Contact to Rodan Project

Rodanに関するお問い合わせは下記フォームよりお問い合わせください。

Contact
株式会社dbE
partner Microsoft